トップ » 賃貸の火災で身を守るには

もっと情報一覧

賃貸マンションの契約と火災保険

賃貸マンションの契約をする際には、必ずと言っていいほど火災保険の加入が義務付けられています。火災なんて一生に一度あるかないかのことなのに、何故高い金を出して加入しなければならないかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、これは絶対に入っておくべきでしょう。賃貸マンションはいわゆる集合住宅の一種です。自分以外にも多数の人が住んでいます。自分が火災を起さなくても他人が火災を起す可能性があります。しかしながら、日本には失火責任法という法律があり、火災の原因を生じさせた人に対して原則責任追及が出来ないことになっています。ですから、万が一の時に備え自分のことは自分で守るという意味で、火災保険には必ず入っておきましょう。

火災保険の必要性について

賃貸物件において火災保険に入っておくことはとても重要です。同じ建物に多い場合、何百人が住んでいるため、自身が火事に気をつけて生活していても、他の住民に火災をおこされたら自分自身の部屋も被害にあってしまいます。火事になれば当然、中の家電や家具等も使えなくり、その他にも当面の宿泊代等もかかります。ですが、仮に火災をおこされた方が保険に入っていても、通常、その分の保証まではしてもらえません。単身世帯でも被害総額は100万円以上はかかります。普通の人には、実費で支払える額ではないのです。不安な方はぜひ検討してみてください。

HOME | SITEMAP

© Copyright 賃貸の壁紙でイメチェン. All rights reserved.