トップ » 賃貸を選ぶときのポイント

もっと情報一覧

賃貸物件に住むメリット

賃貸物件に住むメリットは「住む期間だけ家賃を払い続ければ良い」という点にあります。自然災害で家を失った場合、購入した家の場合はローンの残額を払いながら次の住居を探さなければいけないので、二重ローンになる場合もありますが、賃貸の場合は次の住居を探して引っ越しが完了した後は、これまで住んでいた所の家賃は払う必要はありません。「毎月の家賃とローンが同程度の金額なら、マイホーム購入が良い」と安易に考えがちですが、必ずしもそうとは言えず、修繕費や固定資産税などの支払いもありますし。

賃貸マンションは人気がある

賃貸マンションで暮らしている人は、たくさんいます。一戸建ての家に暮らしたり、マンションを購入して生活するのも良いですが、マンションを借りて生活する方が良い場合もあります。例えば転勤の多い仕事の場合は、住居を固定するよりも賃貸マンションを借りて生活をした方が便利です。一戸建ての家やマンションを購入してしまうと、月々のローンが大変です。さらに転勤ともなると、転勤先のマンションの家賃も別途払わなければならないことになるので、住居費だけでも相当な額になってしまいます。

HOME | SITEMAP

© Copyright 賃貸の壁紙でイメチェン. All rights reserved.